日本語教師net

海外で活躍する人が多い日本語教師の雇用形態

国内外で活躍する日本語教師

海外で日本語を学ぶ人は増加傾向にあり、日本語教師は国内外で活躍しています。その日本語教師にはどのような過程でなるのかをこのサイトでは説明していきたいと思います。

日本語教師とは

勉強

日本語教師に向いている人

日本語教師に向いている人とはどういった人でしょうか。どのような人が教師として向いているのか見ていきましょう。

READ MORE
勉強道具

日本語教師養成講座

日本語養成講座を修了することで日本語教師の基準として認められます。420時間の講座を受講しましょう。

READ MORE
男の人

日本語教育能力検定試験

日本語能力検定試験に合格することにより日本語教師の資格を得ることができます。難問な試験ですが合格を目指しましょう。

READ MORE
婦人

日本語教育科目の履修

大学で日本語の教育科目を修了することにより、日本語教師としての資格を得ることができます。

READ MORE

日本語は海外でも学ばれている!学ぶ人が多い国ランキング

no.1

中国

日本語を学ぶ人が多い国ランキング第1位は、中国です。中国から日本への渡航者は多いので納得の順位です。また、逆に日本人が日本語教師として働いているのもこの国には多いでしょう。

no.2

インドネシア

続いて多いのがインドネシアです。日本へ来る留学生も多く、日本語教育が盛んです。また、この国へ渡って子供たちに日本語を教育している日本語教師も中国同様に多数います。古き良き時代から今現在を知り、伝えていきましょう。

no.3

韓国

インドネシアに続き韓国は日本語を勉強する人口が多いです。旅行客や留学で多くの韓国人が日本語を学んでいます。

no.4

オーストラリア

姉妹校提携の多いオーストラリアが第4位に入っています。お互いの語学を学習する機会が多いです。

no.5

台湾

日本に親しみを感じるという意見が多いと言われる台湾が第5位に入っています。交友関係も良く、日本の文化の尊重を感じられます。

日本語教師の雇用

レディ

国内の日本語教師の雇用

海外で日本語が多く学ばれてきていることから、日本語教師の需要は高まりつつあります。国内で日本語教師として働く場合は、正規社員や契約社員、アルバイトなどに分かれて雇用されます。

常勤講師の正規社員

学校と直接契約を結んで働くことが正規社員にあたります。常勤講師として安定して働くことができます。

雇用期間取決めの契約社員

常勤講師の中には学校と雇用期間を取り決めて働く契約社員の雇用形態の方もいます。雇用期間以外は正規社員と変わりません。

非常勤講師のアルバイト

非常勤講師として時給換算でアルバイトで働くことができます。労働時間だけが給料になります。

海外では常勤講師の求人

海外の日本語学校の多くが安定した働きができる常勤講師の求人を出しています。日本語教師を目指すなら、海外での生活を視野に入れて目指してみてはどうでしょうか。